新型コロナウィルス感染拡大にともない大学院生会費を減免します

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、学生・大学院生の生活支援が喫緊の社会的課題となっています。政治経済学・経済史学会理事会は、この事態に際して、院生会員の会費を以下の要領で免除することとし、微力ながらこうした課題に向き合うことを決定しました。詳細はこちらのページをご覧下さい。

春季学術大会[オンライン開催] 要項が発表されました

本年度の春季学術大会は以下の通りオンラインで実施いたします。

①春季学術大会(博士論文報告研究会と春季総合研究会)を、Zoomを用いたオンラインでの大会に変更し(すなわち、東京大学本郷キャンパスでの開催はとりやめる)、予定通り6月13日(土)に実施します。

②会員・非会員を問わず、事前の参加申し込みが必要となります。参加ご希望の方は、6月10日(水)までに、以下のURLをクリックしてお申し込みください。
https://forms.gle/ZYbsBhXsfxux3JxZA

お申込みに際しては「参加者の手引き」を必ずお読み下さい。
「参加者の手引き」はこちらです。

③博論報告研究会、春季総合研究会ともに、当初予定されていた長さの報告原稿(春季総合研究会に関してはフルペーパーも可)を事前にHPにアップロードし、13日のオンラインでの報告時間は、通例より短めに設定します。質疑応答は通例通りの時間を確保します。

④タイムテーブルや、オンライン学会に参加するアカウントの配布、質疑応答の方法などについては以下の「春季総合研究会のページ」「博士論文報告研究会のページ」をご覧下さい。

春季総合研究会のページはこちらです。
博士論文報告研究会のページはこちらです。

⑤オンライン大会へのお問い合わせは、以下の「オンライン大会本部」宛てにメールでお願いします。online.seikeishi@gmail.com

秋季学術大会 – 2020年10月24日(土)・25日(日):自由論題報告・ポスターセッションおよびパネル・ディスカッションを募集します。

・ 2020年度政治経済学・経済史学会秋季学術大会を2020年10月24日(土)・25日(日)に専修大学において開催いたします。
・ 自由論題報告・ポスターセッションおよびパネル・ディスカッションを募集します。募集のお知らせのページはこちらです。

英文Working Paper Seriesを創刊しました

編集委員会では、このたび英文Working Paper Series(WPS)を創刊しました。会員の研究を英文で発信していく試みです。ぜひご応募下さい。詳細は以下のリンク(英文)をご参照下さい。

英文WPSのページはこちらです。