2020年秋季学術大会

自由論題報告・ポスターセッションおよびパネル・ディスカッション募集のお知らせ

                           政治経済学・経済史学会

 会 員 各 位

 今年度の秋季学術大会は,10月24日(土),25日(日)の両日にわたって,専修大学において開催されます.自由論題報告(24日午前・午後),ポスターセッション(24日午後にプレゼンテーション)およびパネル・ディスカッション(24日午前・午後および25日午後)を募集しますので,応募用紙に必要事項を記入して5月31日(日)までにメールの添付ファイルで下記学会事務局宛お送り下さい.研究委員会での審査を経て,採否の結果は7月中旬までに連絡いたします.
※なお「ポスターセッション」「英語による自由論題」「英語によるパネル」の応募に際しては、詳細はこちらを参照して下さい。

〔自由論題報告〕
 自由論題の一人当たり持ち時間(報告時間と質疑・討論時間)は50分です.標準的な報告時間は30~40分となります.なお,自由論題はパネル形式にまとめることがあります.その際はご相談させていただきます.ご不明な点は事務局を通じて研究委員会にお問い合わせ下さい.英語による報告も募集しています(詳細はこちらを参照して下さい).応募用紙は以下のリンクからダウンロードして下さい。
自由論題応募用紙
英語による自由論題応募用紙

〔ポスターセッション〕
 発表内容をA0判のポスターに各自で印刷し,会場に常時掲示していただきます.10月24日午後のプレゼンテーションでは所定の時間内に内容をご説明いただきます.詳細はこちらをご参照下さい.ポスターセッションの応募用紙とテンプレートは以下のリンクからダウンロードして下さい.
ポスターセッション応募用紙
ポスターのテンプレート

〔パネル・ディスカッション〕
 パネル・ディスカッションには約2時間半が当てられます.討論時間を確保できるよう時間配分にも留意して下さい.会員間の個々の専門分野を超えた議論を活発化させるために,各分野の研究史(史学史,あるいは隣接諸科学や国際的な研究動向との関係などを含む)を俯瞰し論点を整理し展望する,論点型のパネルの積極的な応募も歓迎します.英語によるパネルも募集しています.詳細はこちらをご参照下さい。
パネル・ディスカッション応募用紙
英語によるパネル・ディスカッション応募用紙

〔報告要旨集の原稿〕
 応募用紙に記入された「報告概要」と「パネルの概要」は採否を判断するための材料で,報告要旨集に掲載されるものではありません.採用となった自由論題の報告者とパネル・ディスカッションの代表者には,後日あらためて報告要旨集用の原稿執筆(8月中旬締切予定)を依頼いたします.

〔送付先・問合せ先〕  政治経済学・経済史学会事務局
            メールアドレス:seikeishi「アット」gmail.com
             >「アット」を@に変えて下さい。